レンドロイド(LENDROID)のLST-ETH-UNI-V2ステーキング解体作業

この記事は2分で読めます

レンドロイド(LENDROID)とイーサのステーキングで「Shrimp」「$hrimp」を掘ってきましたが解体します。

その手順をお伝えします。

 

とその前に「$hrimp」の回収作業します。

まずはWhale Streetのサイトへ行きメタマスクを立ち上げログインしてください。

ログインすると下記のなるので赤丸の「SELECT」をクリックします。

赤丸の「CLAIN $HRIMP」をクリックします。

 

 

「CLAIM NOW」をクリック!!

 

 

メタマスクが立ち上がるので赤丸「確認」をクリック!!

 

考え中~考え中~~~w

 

 

赤丸の「$hrimp」6285.66530…回収しました!

 

手数料は1.56ドルでした!

 

 

ではLST-ETH-UNI-V2 Staked解体作業に入ります!!

赤丸の「UNSTAKE」をクリックします。

 

赤丸「UNSTAKE NOW」をクリック!

 

メタマスクが立ち上がるので赤丸「確認」をクリック!

 

赤丸の226.67265のLST-ETH-UNI-V2が戻ってきました!!

黄色い丸のLST-ETH-UNI-V2 Stakedは「0」になりましたね!

 

ユニスワップを立ち上げます。

赤丸「もっと見る」から青丸「V2の流動性」を選びます。

 

 

下記の画面に変ったら赤丸「管理」をクリック!

 

 

下記の画面になったら黄色い丸「解除」をクリック!

 

 

全部の場合はMaxを選びます!

 

 

0% ⇒ 100% に変ります。

問題なければ黄色い丸の「承認」をクリックします!

 

 

メタマスクが立ち上がりますので赤丸「署名」をクリック!

この時点で戻ってくるLTSとETHの数量が判ります。

 

 

 

黄色い丸「解除」をクリック!!

 

 

黄色い丸「確認」をクリックします。

 

 

メタマスクが立ち上がるので「確認」をクリックします。

 

 

下記の画面になりますので黄色い丸「閉じる」をクリックします。

 

 

赤丸の解除されたと表示されます。

 

 

赤丸のLST-ETH-UNI-V2が「0」になりました。

 

 

143544LST(約660ドル)+ 0.376775ETH(約660ドル)をステーキングしていました。

それが758000LST 解体時(2022.7.13)レートは1LST=0.00013USD

660ドルの価値があったLSTが98.5ドルほどの価値になって戻ってきました。

ETHは0.0718227ETH 解体時(2022.7.13)レート1ETH=1040.8USD

660ドルの価値があったETHが74.75ドルほどの価値になって戻ってきました。

LST-ETH-UNI-V2のステーキングで「$hrimp」を掘って1255ドル手に入れているので100ドルほどの利益でした。

解体する時のレートがかなり大事なのかな思います。

インパーマネントロス(変動損失)ってやつですね・・・

なかなか一筋縄で以下内Defiです。

ま、損はしていないので上出来でしょ!!

お疲れ様でした!!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
実は私メルマガも配信しています。
仮想通貨をはじめBM投資、FX、プライベートバンクなど
投資全般的なお得な情報をお届けしています。
私の人脈フルに活かして表には中々出ない情報を
お届けしていますので是非登録してみてください。
1ヶ月に数回ほどですが。。。


仮想通貨で夢を実現!人生一発逆転!!お申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
性別:

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


アクセスカウンター

  • 140436総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 60昨日の閲覧数:
  • 99550総訪問者数:
  • 35今日の訪問者数:
  • 50昨日の訪問者数:
  • 2277月別訪問者数:
  • 58一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。